東京浅草「花やしき」 - 2017・2018年 東京都花火大会

スポンサーリンク



2018年東京花火大会 有料席


 2018年

東京花火大会日程スケジュール



東京浅草「花やしき」

日本最古の遊園地「浅草花やしき」

(東京都台東区浅草)

開園百六十周年を迎え、2013.8.7を「花やしきの日」にした。

記念イベントとして9月6日には園内の新多目的ホール「花やしき座」で、「ハナヤシキプロレスリング」の旗揚げ戦を開催、2月まで月一回興行する。



江戸末期の1853年(嘉永六年)

造園師森田六三郎がボタンや菊細工を見せる植物園として開園。

その後、経営者が移り変わり、遊具や珍獣などの見せ物を取り入れた遊園地へと発展した。

何度か経営難にさらされ、親会社が倒産し廃園の危機

2004年には存続を求める一万人の署名が集まり、玩具メーカーが施設と職員を丸ごと受け継いだ。

ここ数年は年間入場者数50万人を維持している。



来年には劇場や飲食店を備えた複合施設も誕生する。



スポンサーリンク

タグキーワード
東京観光カテゴリの最新記事
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサーリンク
Copyright © 2017・2018年 東京都花火大会 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。