隅田川花火大会の第二会場人気のスポット - 2017・2018年 東京都花火大会

スポンサーリンク



2018年東京花火大会 有料席


 2018年

東京花火大会日程スケジュール



隅田川花火大会の第二会場人気のスポット


隅田川花火大会

第二会場の観賞スポット
(駒形、厩橋の間付近)

歩きながら花火観賞

1.駒形橋(こまがたばし)
浅草駅からすぐの駒形橋は打上会場に近いため花火の眺めは最高。
墨田区→台東区への一方通行で歩きながらの花火観賞

2.厩橋(うまやばし)
第二会場の花火を真正面に眺められる絶好のロケーション
東京スカイツリーと花火の取り合わせも楽しめます。
台東区→墨田区の一方通行で橋の上で立ち止まれない。

3.蔵前橋(くらまえばし)
第一会場、第二会場、東京スカイツリーが同時に楽しめます。
川面には多くの屋形船が浮かびます。
墨田区→台東区の一方通行で橋の上で立ち止まれない。


場所取りスポット

1.駒形どぜう前
江戸時代創業の「駒形どぜう」前の江戸通り
夕方以降から場所取りがはじまる。

2.清澄通り
高い建物が少ないので花火が見やすいことで人気。
18時ごろの交通規制が開始され、その前から近くで待機。
すばやく場所取りがはじまります。

3.大横川親水公園
業平1丁目交差点〜錦糸町駅
約2キロメートルの大横川親水公園は穴場スポット。
少し離れていて花火は小さいがゆったり見えます。

足立花火遊覧船.jpg


スポンサーリンク

| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサーリンク
Copyright © 2017・2018年 東京都花火大会 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。